作成者別アーカイブ: donguri

お集まりくださったみなさん、ありがとうございました

昨晩は、雨の中、小さな地元のホールでの幻燈会にお集まりくださったみなさん、ありがとうございました。参加者はいつもよりかなり少なかったですが、初めていらしてくださった方もあり、ご感想を直接聞かせていただいてうれしかったです。地域のあたたかさをじました。長く続く雨の日々に、体調を崩されませんように。

今回の月夜の幻燈会は雨天続きで公民館での開催となったため、実は会計が大変厳しい状況です。開催後ですが、賛同人を追加募集します。幻燈会の継続的な運営にご賛同いただける方、どうぞご協力よろしくお願いいたします。

賛同金は一口1000円です。ブログに賛同人の方のお名前やニックネームを掲載し、ご希望の方に幻燈会のポスターをお渡しいたします(どんぐりのメンバーに直接お渡しいただける場合のみ)。

ゆうちょ銀行の口座も開設しましたので、よろしくお願いいたします。

ゆうちょ銀行から 10150−92857561
他金融機関から 店番号018 口座番号9285756

今日の幻燈会は小川公民館で開催します。

雨が降り続き、午後も上がる見込みがないため、大変残念ですが、今日の幻燈会は小川公民館(東京都小平市小川町1丁目1012)で開催します。雨のために公民館での幻燈会というのは初めてのことです。

どうぞ足もとに気をつけて、あたたかくしておでかけください。まわりの方にもどうぞお知らせ下さい。公民館の定員は70名ですが、入りきらない場合は2回目の公演を行うかもしれません。以下が変更になる部分です。

会場:小川公民館 ホール(2階)
時間:午後7時15分〜7時55分(開場7時)

本日の幻燈会は延期いたします。

お知らせが遅くなって、申し訳ありません。
林に行ってみましたが、雨が降り続くため、準備が進められません。
残念ですが、月夜の幻燈会は延期いたします。

①10月15日(日)同時刻、同会場に開催の方向で考えていますが、
15日も天候や地面の状況で不可能な場合は、
②小川公民館ホールで同日19時15分〜19時55分(開場19時)に開催します(この場合のみ定員70名)。

いずれの場合も、当日の正午までに判断して発表します。よろしくお願いいたします

2017年のセミのぬけがら調査

2017年2回目のセミのぬけがら調査を8月22日に行いました。参加者はスタッフを入れると大人17人、小学生8人、小学生以下3人の28人!熱気あふれる調査になりました。

今年の調査は、2日とも雨風の影響か地面に落ちているぬけがらが目立ちました。ニイニイゼミのぬけがらが多い傾向は他の調査地とも共通しているそうです。もわーっとした湿気の中、最後まで参加してくださったみなさん、ありがとうございました。下の写真にもみなさんの熱気が写っています!市外からのご参加や初めてご参加も多かったです。

昨年は天候のために調査を一回しか開催することができなかったので、無事に2回とも終了できてほっとしています。今年の調査結果はこのようになりました。2017セミのぬけがら調査2017セミのぬけがら2

第17回月夜の幻燈会『猫の事務所』は 10月14日(土)開催です

第17回月夜の幻燈会『猫の事務所』

10月14日(土)午後6時半〜7時10分(開場6時)
小平中央公園どんぐり林(体育館東の林)

作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江

入場無料 雨天順延

第17回幻燈会フライヤー表 第17回幻燈会フライヤー裏

第17回月夜の幻燈会
猫の事務所
 
作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江
 
10月14日(土)18:30-19:10(開場18:00)
小平中央公園 雑木林
(小平市津田町1の1 市民総合体育館の東側)
※天候や地面の状態によっては15日(日)同時刻に延期します。ブログやTwitterをご確認ください。
※15日も雨天の場合は同日19:15〜19:55(開場19:00)に小川公民館ホール(小平市小川町1丁目1012)にて開催します。
 
【出演者プロフィール】
●小林敏也(こばやし・としや)
1947年静岡県焼津市生まれ。1970年東京芸術大学工芸科卒業。イラストレーションとデザインをする。文字と絵、紙と印刷にこだわりながら、青梅に山猫あとりゑを営む。画本宮澤賢治シリーズ16冊(好学社)と、他5冊の賢治本がある。シリーズ16冊目『ざしき童子のはなし』が刊行されました。
 
●鍵本景子(かぎもと・けいこ)
玉川上水とともに小平で育つ。
NHK朝の連続テレビ小説「ひらり」「さくら」などに出演。
今秋11月23日、まがりかど第5回演奏会「なめとこ山の熊」(原作・宮澤賢治、作曲・萩京子、演出・大石哲史)に出演予定。
 
●植松葉子(うえまつ ・ようこ)
京都市生まれ。国立音楽大学卒業、東京芸術大学邦楽科別科修了。2005年まで江戸里神楽若山社中の囃子方として活動する。現在は横笛演奏者として様ざまなジャンルの人々と共演している。東京楽竹団メンバー。双子の女児(4歳)の母。
ホームページ http://www.yaemon.jp/yoko-fue/
 
●入野智江(いりの・ともえ)
劇団横浜ボートシアター、バンブーオーケストラ・ジャパンでの活動などを経て、2008年東京楽竹団の設立に参加、現在メンバーとして竹楽器を使った音楽活動を行う。1994年より南インド・ケーララ州をたびたび訪れ、サンスクリット古典劇「クーリヤッタム」の研鑽に励む。日本で唯一の演者として活躍中。南インドの打楽器の演奏も行う。「アビヤナラボ」主宰。
JML音楽研究所、南インド芸能クラス講師。
ホームページ http://abhinayalabo.strikingly.com/
 
【賛同人募集!】
幻燈会の運営を支えて下さる賛同人を募集します。事前にどんぐりの会のメンバーへ、もしくは当日に受付で賛同金をお渡しください(一口1,000円)。お名前またはイニシャルをブログにて発表いたします。どんぐりの会の口座もあります(ゆうちょ銀行から 10150−92857561 他金融機関から 店番号018 口座番号9285756)。
 
○天候による延期等は当日12時までにブログhttp://dongurinokai.net/、twitter(@dongurins)で発表します。
○ブルーシートと椅子席を準備します。それ以外は立ち見となりますので、ご了承ください。
○シートや椅子をご持参下さっても結構です。
○客席での写真撮影はご遠慮ください。終演後に撮影時間をもうけます。動画の撮影はご遠慮ください。
○防寒対策、行き帰りの灯りの準備をお願いします。
○どんぐりが降ってくる場合があります。
○お車でのご来場はご遠慮ください。
○客席には開場時間まで入れません。
 
【11:00-17:00 自転車発電!】
幻燈会に必要な電気を自転車発電で発電します。どんぐり林で発電を行います。特に午前中の発電に参加して下さる方募集!脚力自慢の方も子どもたちも、ぜひいらしてください。
 
主催:どんぐりの会 http://dongurinokai.net/
問合せ: e-mail : josuidonguri@gmail.com
協力:NPO法人こだいら自由遊びの会、ユーエンジニアリング(株)
機材協力:国分寺エクスペリエンス