北の国から渡ってくる 冬鳥を見つけよう

どんぐりの会自然観察会
北の国から渡ってくる冬鳥を見つけよう

秋になると、北の国から、日本で越冬するためにやってくる渡り鳥を「冬鳥」といいます。
そろそろ、ツグミやジョウビタキなどの冬鳥が、小平でも見られる季節です。中央公園の林や玉川上水で、一緒に冬鳥を見つけましょう!
ぜひ、親子でご参加ください。小学4年生以上は1人でもOK!

冬鳥観察会のチラシ(クリックするとダウンロードできます)

とき:2012年11月10日(土)午前9時半〜11時半
☆9時半 小平市民総合体育館入り口前に集合
(小平中央公園周辺で、エリアを決めて、冬鳥調査を行います)

指導・案内:高野丈(井の頭バードリサーチ、NACS-J自然観察指導員)
もちもの:双眼鏡(あれば)、筆記具、帽子
参加費無料、要申込み
雨天決行

申込み10月25日(木)から先着順(定員:大人と子ども合わせて30名)
以下の連絡先へ、お名前、ご住所、電話番号、年齢をお知らせください。
メール:josuidonguri@gmail.com(どんぐりの会)

主催:どんぐりの会 http://dongurinokai.net/