2月22日(日)、28日(土)イベントがつづくどんぐり林へ!

どんぐり林の半分が柵で囲まれてしまいましたが、2月22日(日)、28日(土)は魅力的なイベントがつづきます。みなさん、林に集まりませんか?

林を感じるからだのワーク+林のスキップ

10996042_767848089959940_7575491995990778485_n

日時:2月22日(日)13:30-15:30
案内人:菊地びよ
「身近な場での一つ一つのささやかな感覚を大切にしたいと思います。
身近な足元で起こっていることに向き合うことは、遠くで起きていることを感じ考えることのヒントになるかもしれない…できるだけ身近に私の生活に起こっていることに耳を澄ましたい、そしてまずこのからだが触れて感じることから、感覚や思考を人と交感する場を持ちたいです」
*目隠しに使う手ぬぐいかバンダナをご持参ください。

***********************

みんなで樹木診断〜どんぐり林はどんな状態?

小平中央公園のどんぐり林は「老木が多くて危険だ」と小平市は言っています。
実際にこの林の木々はどのような状態なのか、樹木のスペシャリストでいらっしゃる堀大才先生に樹木診断調査方法をまなび、自分たちで調査を行います。

日時:2月28日(土)13:30-16:00
参加費無料
要申込み:資料の準備のため、参加希望の方はjosuidonguri@gmail.comへお名前をお知らせください。

講師:堀 大才先生

  • 東京農業大学非常勤講師(樹木医学、環境緑地学)
  • 法政大学生命科学部兼任講師(植物医科学)
  • NPO法人樹木生態研究会代表理事
  • 樹木医認定制度創設者
  • (一財)日本緑化センター樹木医研修講師
  • 樹木医学会監事

***********************

『フィンランド・森の精霊と旅をする』

『フィンランド・森の精霊と旅をする』(作:リトヴァ・コヴァライネン、サンニ・セッポ 訳:柴田昌平) を音・唄と朗読で感じて下さい。(音・うた:おちょこ、朗読:鍵本景子)


日時:2月28日(土)20:00-20:35

ふたりの女性写真家はフィンランド各地に残る古い木とその歴史を訪ねていきます。15年にわたる長い道行きをへて彼女たちがファインダーの向こうにとらえたのは、森の精霊への畏れ、木をめぐる不思議な風習、木と人が深い関係を結んでいたことを示すたくさんの詩や神話ーー。この本は、木々に刻まれた記憶を掘り起こすTREE PEOPLEの旅の記録です。 (本の紹介文より)

残念ながら、28日はスライドをご用意できません。みなさんでどんぐり林の木や、林からみえる夜空をご覧になりながら、木と森を愛するすべての人に作られたこの本を感じて頂けたらと思います。

林で寝っ転がって聴くのもお勧めです。星も見えるかも。とにかく寒さ対策は万全に。。。

DSC_1404