2012.11.10 冬鳥調査

小平中央公園と玉川上水で、2012年11月10日に行ったどんぐりの会主催の鳥類調査の報告を、井の頭バードリサーチの高野丈さんがまとめてくださいました。このとき、はじめてキクイタダキのかわいい声を聞くことができました。小平中央公園は冬鳥が越冬、あるいは立ち寄って休息する越冬地・中継地だということを調査が示しています。

報告はこちらからダウンロード可能です。

_______________________________

小平中央公園鳥類調査報告書

井の頭バードリサーチ 高野丈

調査実施日時:2012年11月10日
天候:晴れ
調査員:どんぐりの会、井の頭バードリサーチ
調査地:小平中央公園および玉川上水
調査方法:スポットセンサス
調査定点:うさぎ橋、中央公園雑木林、津田塾大遊歩道、津田塾大南

1.全観察種(12種)
留鳥(一部漂鳥): ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ヤマガラ
冬鳥:キクイタダキ、シメ、シロハラ、ヒガラ

2.各定点での出現率
a.うさぎ橋
ヒヨドリ    13    50.0%
シジュウカラ  6    23.1%
ヤマガラ    1    3.8%
メジロ     3    11.5%
シメ                      3    11.5%
合計 26

b.雑木林
シロハラ    5 9.3%
シジュウカラ  9 16.7%
ウグイス    1 1.9%
エナガ     5 9.3%
コゲラ     7 13.0%
メジロ       3 5.6%
ヒヨドリ    21 38.9%
ハシブトガラス 2 3.7%
ヒガラ     1 1.9%
合計54

c.津田塾遊歩道
ヤマガラ    1 5.6%
ヒヨドリ    13 72.2%
ハシブトガラス 1 5.6%
コゲラ     2 11.1%
メジロ     1 5.6%
合計18

d.津田塾大南
シジュウカラ 7 11.7%
エナガ    30 50.0%
ヤマガラ     4 6.7%
ヒヨドリ   11 18.3%
メジロ      1 1.7%
キクイタダキ 6 10.0%
シメ     1 1.7%
合計60

総合出現率
ウグイス    1 0.6%
エナガ     35 22.2%
キクイタダキ  6 3.8%
コゲラ       9 5.7%
シジュウカラ   22 13.9%
シメ      4 2.5%
シロハラ    5 3.2%
ハシブトガラス 3 1.9%
ヒガラ     1 0.6%
ヒヨドリ     58 36.7%
メジロ     8 5.1%
ヤマガラ    6 3.8%
合計158 100.0%

3.調査結果について
a. 調査定点4ヵ所の内、3ヵ所で冬鳥(キクイタダキ、シメ、シロハラ、ヒガラ)を確認。小平中央公園は冬鳥が越冬、あるいは立ち寄って休息する越冬地・中継地であることを示している。
b. 留鳥・冬鳥共に、雑木林と津田塾大南側の玉川上水での観察種・個体数が多かった。
c. 当地の環境を評価するには調査回数・頻度を増やし、数年間のモニタリングなどの追加調査をすることが必要。