鳥類調査

日本自然保護協会自然観察指導員の方たちの指導・協力を受け、小平中央公園と玉川上水沿い遊歩道の5つの調査定点での鳥類調査(スポットセンサス)を2012年から初夏と冬の年2回行っています。これらの調査によって、このあたりが夏鳥や冬鳥が季節移動の途中で立ち寄って休息する、重要な中継地であることがわかってきました。

初夏の調査

2012年5月10日 全観察種11種
留鳥:エナガ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ、ヤマガラ
夏鳥:キビタキ、センダイムシクイ
調査結果のページへ

2014年5月3日 全観察種12種
留鳥: アオゲラ、エナガ、オナガ、カワウ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ
夏鳥:キビタキ
調査結果のページへ

2015年4月29日 全観察種13種
留鳥:アオゲラ、エナガ、カワセミ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ
夏鳥:ツバメ
外来鳥:ホンセイインコ
調査結果のページへ

2016年4月23日 全観察種14種
留鳥:キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ドバト、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ
夏鳥:エゾムシクイ、キビタキ、ツバメ、ツミ
冬鳥:シメ、ツグミ
調査結果のページへ

2017年5月6日 全観察種12種
留鳥:キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ドバト、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ
外来鳥:ガビチョウ
夏鳥:キビタキ
冬鳥:シメ
調査結果のページへ

2018年5月5日 全観察種12種
留鳥:アオゲラ、オオタカ、カルガモ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ヤマガラ
夏鳥:キビタキ、センダイムシクイ

冬の調査

2012年11月10日 12種
留鳥: ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ヤマガラ
冬鳥:キクイタダキ、シメ、シロハラ、ヒガラ
調査結果のページへ

2013年2月9日 全観察種17種
留鳥: アオゲラ、ウグイス、エナガ、カワセミ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ、ヤマガラ
冬鳥:キクイタダキ、ツグミ、ヒガラ
外来鳥:ソウシチョウ
調査結果のページへ

2014年2月9日 16種
留鳥: ウグイス、エナガ、オオタカ、カワラヒワ、キジバト、キセキレイ、コゲラ、シジュウカラ、ツミ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ
冬鳥:ジョウビタキ、ツグミ、ビンズイ、モズ
調査結果のページへ

2015年1月17日 12種
留鳥: オナガ、カルガモ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ
冬鳥:アカゲラ、モズ、ヤマガラ
調査結果のページへ

2016年1月9日 10種
留鳥:キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ドバト
冬鳥:ジョウビタキ、ルリビタキ
調査結果のページへ

2017年1月29日 15種
留鳥:アオゲラ、ウグイス、エナガ、カワセミ、キジバト、キセキレイ、コゲラ、シジュウカラ、ドバト、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ
冬鳥:アトリ、ツグミ
調査結果のページへ

2018年2月11日 13種
留鳥:エナガ、カワセミ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ヤマガラ
冬鳥:ジョウビタキ、ツグミ、モズ
調査結果のページへ
写真入り記事のページへ