鳥観林

2014.2.9. 真冬の冬鳥調査

20140208fuyudorichirashi
2月9日(日)の鳥類調査報告を高野丈さんがまとめてくださいました。調査結果については、以下のようにまとめられています。
a. 調査定点5ヵ所の内、2ヵ所で冬鳥(ツグミ、ビンズイ、モズ、ジョウビタキ)を確認。小平中央公園は冬鳥が越冬、あるいは立ち寄って休息する越冬地・中継地であることを示している。
b. 今季は冬鳥が少なく、前季確認したヒガラやキクイタダキを確認できなかった。
c. 初めて、調査中に猛禽類2種(オオタカ、ツミ)を確認。
d. 留鳥の大きな混群(シジュウカラ、メジロ、コゲラ、エナガ、ウグイス)を確認。
e. 当地の環境を評価するには調査回数・頻度を増やし、数年間のモニタリングなどの追加調査をすることが必要。※この報告書は以下よりダウンロードできます。
2月9日小平中央公園鳥類調査報告書2月9日小平中央公園鳥類調査報告書2月9日小平中央公園鳥類調査報告書2