タグ別アーカイブ: 宮澤賢治、小林敏也、入野智江、植松葉子、鍵本景子、神保町ブックハウスカフェ、幻燈会、おほんゴギーノ

8/3ブックハウスカフェにて夏休みの幻燈会「蛙の消滅」

5月の雑木林で行われた月夜の幻燈会「蛙の消滅」が林を飛び出して、本の街へくり出します!(主催:ブックハウスカフェ 共催:おほんゴギーノ

5月にタイミングのあわなかった方、林にはちょっと遠いわという方どうぞいらしてください。沢山の子どもの本が揃うこの本屋さん、面白くて時間があっという間にたってしまいます。本屋さんにゆくだけでも楽しいです。本屋さんの入口の左側に2階のイベントスペースに続く階段とエレベーターがあります。そちらから幻燈会にお越しください。お待ちしています!

夏休み企画として終演後にお話に出てきた音を出してみる体験もできます。そして小林敏也さんのお話とサイン会もあります(当日、本をご購入の方)。抽選で10名の方に小林敏也さんの画で「蛙の消滅」など8作品収録されている、賢治本「賢治草双」を差し上げます!


ブックハウスカフェさんでの2回目の幻燈会は『蛙の消滅』。
この作品は『蛙のゴム靴』の初期形となります。

3匹の蛙、カン・ブン・ベンはいつもいっしょに雲見をする仲間です。あることをきっかけに3匹のバランスが崩れゆき、、、。蛙のお話とはいえ、ちょっぴりおそろしいお話でもあります。だからこそ、心に残るお話でもあります。『蛙のゴム靴』とくらべてみるのも面白いかもしれません。画の中に賢治さんの時代にはなかった、今私たちが直面する問題も描かれています。美しい画と表情豊かな語り、そしてオリジナルの音楽で賢治さんの物語を伝えます。どうぞお楽しみに!!

おほんゴギーノ プレゼンツ
夏休みの幻燈会@ブックハウスカフェ
『蛙の消滅』

□日時:2019/8/3(土)15:00~16:30(14:45開場)
   ※終了後は小林敏也さんのサイン会もあります(当日小林敏也さんのご著書をご購入の方)。
□出演:おほんゴギーノメンバー【朗読:鍵本景子/笛:植松葉子/パーカッション:入野智江】
□幻燈:小林敏也さん(絵本作家)

□参加費:大人2,000円/小学生以下のお子さま800円/親子割り2,500円 ※2歳以下無料
□予約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「8/3 宮澤賢治幻燈会」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども(年齢))」をお知らせください。
□場所:ブックハウスカフェ
〒101-0051 千代田区神田神保町2-5北沢ビル1F TEL:03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

□主催: ブックハウスカフェ
□共催: おほんゴギーノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆おほんゴギーノとは?
小平市の雑木林で月夜の幻燈会を主催する「どんぐりの会」のメンバーでもある鍵本景子が中心となり、小林敏也の画と朗読と作品ごとのオリジナルの音楽(入野智江・植松葉子)の三位一体で宮澤賢治の物語を伝えている。2009年秋よりはじまった、年2回雑木林での幻燈会は、2019年の春に20回目になる。2017年には軽井沢国際音楽祭で『かしわばやしの夜』を公演。その他の学校公演に横須賀総合高校『雪わたり』世田谷区給田保育園『どんぐりと山猫』小平市立小平第5小学校『セロ弾きのゴーシュ』がある。おほんゴギーノは『かしわばやしの夜』のふくろうの台詞にちなんでいる。