タグ別アーカイブ: 市民参加

小平市市民学習奨励学級 「私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話」録画データ

大変遅くなりましたが、2016年2月13日(土)に津田公民館ホールで開催した小平市市民学習奨励学級「私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話」(講師:堀大才先生)の録画映像をアップします。音声が聞きとりにくい箇所もありますが、どうぞご了承ください。

この日は市内のイベントがいくつも重なっていましたが、35名の参加がありました。室内での講演でしたが、実際に見て知ることを重視された講演でした。たくさんの枝を持参され、それを実際に見せながら、いきものとしての樹木の機能やしくみについて話が進められ、大変わかりやすかったです。

「木のきわめて高い公益的機能は、木の大きさと関係する。…木は大きければ大きいほどさまざまな機能が高くなる。その分、危険性も大きくなる。だから、よい状態で維持するために管理するんでしょう?」 樹木についての知識を持たず、やみくもにこわがることが、かえって樹木を危険な状態にしてしまう。しっかり知識をもって、管理する技術の必要性を感じました。

 質疑の時間には活発な質問が続き、堀先生はひとつひとつの質問にじっくり答えてくださって、大変充実した講演会になりました。「参加者の当事者意識の高さにも刺激を受けた」という感想も寄せられました。 


小平市市民学習奨励学級「私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話」(講師:堀大才先生)※5つの映像に分かれています。

小平市市民学習奨励学級 私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話 その1
https://youtu.be/j5u0RR15Ajc

小平市市民学習奨励学級 私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話 その2
https://youtu.be/Ph-CcfjHTKQ

小平市市民学習奨励学級 私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話 その3
https://youtu.be/6nGlzvpmabk

小平市市民学習奨励学級 私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話 その4(質疑)
https://youtu.be/Sw1na4qRKqE

小平市市民学習奨励学級 私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話 その5(質疑)
https://youtu.be/OQ64PS9BsOE


当日、会のあいさつとして述べた企画の経緯を、以下に簡単にまとめました。

小平中央公園東側のどんぐり林の東半分は道路予定地の柵に囲まれてしまっていますが、残りの西半分の管理について、小平市は、昨年3月に当面は開放するが、中長期的には開放が困難だ、樹林の安全確保や自然環境回復のために立ち入り出来なくなる可能性があると回答しています。

小平市内では、中に入ることのできる樹林は大変限られています。幻燈会や観察会をしたり、プレーパークやこだいらサーカスが開催されたり、散策したり体操したり、人が中に入って過ごすことの多い林です。小平市は、踏み固められている現状を問題視して、中長期的に開放を制限する可能性について検討していることがわかってきましたが、人にとっても土の上で過ごせる林は大切ではないでしょうか。市としては、「守る=立ち入りできない保存林」と考えているようですが、人が中に入ることができるような管理を市民が参加する形で行うことの可能性について考えたいと思っています。

昨年2月末に堀大才先生をお呼びして、樹木診断の基礎のワークショップを開催しましたが、その中で、樹林の公益性ある機能をどう保つか、できるだけ切らない管理とはどんなものかというお話を聞いて、小平市で関心を持つ多くの人たちと共有したいと考え、この講演会を小平市市民学習奨励学級の枠で企画しました。


配付資料

  • 堀大才著『絵でわかる樹木の育て方』(講談社、2015年)第九章
  • みんなのどんぐり林マップ

市民学習奨励学級「私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話」

小平市教育委員会の市民学習奨励学級で堀大才先生をお呼びします。小平に住む多くの方たちと共有し、その先へつなげたいお話なので、この枠を選びました。会場も、アクセスは悪いのですが、玉川上水に近く、市民活動が活発な津田公民館を選びました。ぜひいらしてください。


市民学習奨励学級「私たちにもできる! みんなで守る雑木林の話」
2016年2月13日(土)14:00-16:30(開場13:30)
会場:津田公民館ホール
(小平市津田町3-11-1 西武多摩湖線「一橋学園」駅から徒歩15分、西武国分寺線「鷹の台」駅から徒歩15分、「にじバス」ご利用の場合「津田公民館・図書館」下車すぐ)

わたしたちの身近にある樹林。

四季折々の美しさで気持ちをなごませたり、いきもののゆりかごやすみかとなったり、環境を保全したり、のびのびと遊ぶ場となったり、樹林は公益性のあるさまざまな機能をもっています。

「木を切るというのは、いろいろな対策を検討した後の最後の手段だ」とおっしゃる堀大才先生。樹林のもつ機能を高く維持する管理とはどのようなものか、お話くださいます。多くの方のご参加をお待ちしております。

市民参加の樹林管理への第一歩に。

講師 堀大才さん(樹木医認定制度創設者)

〈プロフィール〉
2005年より特定非営利活動法人樹木生態研究会代表理事。その他、東京農業大学環境緑地学科非常勤講師、法政大学生命科学部兼任講師、曹洞宗大本山永平寺境内林保全相談役、文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター専門調査員、樹木医学会評議員・監事、財団法人日本緑化センター樹木医研修講師等を務める。

参加費無料
申込み不要。当日会場へ(先着順。定員96人)
対象 市内在住の方

主催:小平市教育委員会
企画・運営:どんぐりの会 http://dongurinokai.net/

堀先生講演会チラシ訂正薄黄

冬鳥調査、堀大才先生講演会

どんぐりの会の冬鳥調査は、来年1月9日(土)9:30からに決まりました。冬鳥調査は今回で4年目となります。小平中央公園から津田塾大学南側の玉川上水遊歩道にかけて5ヶ所で行う調査+観察会です。

鳥の名前を知らない方もご一緒に。葉っぱの少ない冬は鳥の観察にぴったりの季節です。

申込み等はまだ先ですが、ぜひ、ご予定あけておいてください!画像は冬鳥のキクイタダキです(どんぐりの会のいきものバッジより)。会えたらいいな〜。

CTmedadUkAE2MYG.jpg-large

それから、小平市の市民学習奨励学級の追加募集があり、今年2月末に樹木診断のワークショップをしてくださった、樹木医認定制度創設者の堀大才先生の講演会をこの枠で開催できることになりました!来年2月で希望を出していますが、日程はこれから決まります。市民参加での樹林管理について多くの方に聞いていただきたい講演会です。どうぞお楽しみに!