タグ別アーカイブ: 自転車発電

第19回 月夜の幻燈会『オッベルと象』

第19回 月夜の幻燈会『オッベルと象』

作◉宮澤賢治
画◉小林敏也
朗読◉鍵本景子
笛◉植松葉子
パーカッション:入野智江

どんぐりの会は今年で10周年。
月夜の幻燈会は2009年秋、今回の演目『オッベルと象』から始まりました。
のんのんのんのんのんのんと稲扱器械が音をたてるオッベルの小屋に、ある日白象がやって来ます。「オッベルときたら大したもんだ。それにこの前稲扱小屋で、うまく自分のものにした、象もじっさい大したもんだ」力もちの白象はよく働きます。でも、だんだん笑わなくなります。それから、オッベルと象はどうなったのでしょう?
白象は毎晩お月様を見ています。月も白象を見ています。
月夜の幻燈会も、お月様が見守っていますよ。

10月20日(土)18:30-19:10(開場18時)
小平中央公園 雑木林(小平市津田町1の1 市民総合体育館の東側)

※雨天等で林での開催が難しい場合は21日(日)同時刻に延期します。ブログやTwitterをご確認ください。
※21日も雨天等の場合は同日19:30〜20:10(開場19:15)に津田公民館ホール(小平市津田町3-11-1)にて開催します。

【出演者プロフィール】
●小林敏也(こばやし・としや)
イラストレーションとデザインをする。文字と絵、紙と印刷にこだわりながら、青梅に山猫あとりゑを営む。画本宮澤賢治シリーズ16冊(好学社)と、他5冊の賢治本がある。シリーズ16冊目『ざしき童子のはなし』が刊行されました。

●鍵本景子(かぎもと・けいこ)
玉川上水とともに小平で育つ。NHK朝の連続テレビ小説『ひらり』『さくら』などに出演。フランス演劇クレアシオン公演『私は太田、広島の川〜朝は、夜の闇に包まれた〜』(ジャン・ポール・アレーグル作 岡田正子翻訳・演出 11月1日〜4日、池袋シアターグリーン ビックツリーシアター)に広島に住む姉の役で出演予定。

●植松葉子(うえまつ ・ようこ)
京都市生まれ。国立音楽大学卒業、東京芸術大学邦楽科別科修了。江戸里神楽・若山社中の囃子方を経て、現在は横笛演奏者として様々な活動を展開している。東京楽竹団メンバー。双子の女児(5歳)の母。
ホームページ http://www.yaemon.jp/yoko-fue/

●入野智江(いりの・ともえ)
劇団横浜ボートシアター、バンブーオーケストラ・ジャパンでの活動などを経て、現在は東京楽竹団で竹楽器を使った音楽活動を行う。インド古典劇「クーリヤッタム」演者。南インドのパーカッションの演奏家としても活動している。「アビナヤラボ」主宰。JML音楽研究所、南インド芸能クラス講師。
ホームページ http://abhinayalabo.strikingly.com/

【賛同人募集!】
幻燈会当日、幻燈会の運営を支えて下さる賛同人を受付にて募集します(賛同金一口1,000円)。賛同人のお名前やイニシャルをブログにて発表いたします。どんぐりの会の口座でも承ります(ゆうちょ銀行から 10150−92857561 他金融機関から 店番号018 口座番号9285756)。

【11:00-16:50 自転車発電!】
幻燈会に必要な電気を自転車発電で発電します。どんぐり林で発電を行います。特に午前中の発電に参加して下さる方募集!脚力自慢の方も子どもたちも、ぜひいらしてください。

○延期等の変更は当日14時までにブログやtwitter(@dongurins)で発表します。
○ブルーシートと椅子席を準備します。それ以外は立ち見となりますので、ご了承ください。シートや椅子をご持参下さっても結構です。
○客席での写真撮影はご遠慮ください。終演後に撮影時間をもうけます。動画の撮影はご遠慮ください。
○行き帰りの灯りの準備をお願いします。
○お車でのご来場はご遠慮ください。
○客席には開場時間まで入れません。

主催:どんぐりの会 http://dongurinokai.net/
問合せ: e-mail : josuidonguri@gmail.com
協力:NPO法人こだいら自由遊びの会、ユーエンジニアリング(株)
機材協力:国分寺エクスペリエンス

第13回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』

第13回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』

作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江
セロ:佐々木知子

とき 10月18日(日)午後6時~7時(開場5時30分)

※天候のため、延期いたしました。天候による延期等は当日12時までにブログ(http://dongurinokai.net/)とtwitter(@dongurins)で発表しております。
17時半の開場からご案内します。予約席はありません。また、16時半〜17時半の間はリハーサルのため会場には入れません(開場前に席の確保はできません)。ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

ところ 小平中央公園どんぐり林(小平市津田町1の1 市民総合体育館東)
※下に地図を掲載しています。

入場無料(投げ銭歓迎)賛同人募集!

セロ弾き2015フライヤー-2セロ弾き2015フライヤー2-2
(※画像をクリックすると拡大します)

セロ弾き2015モノクロフライヤ1 プリントアウト用にモノクロのデータを用意しました。上の画像をクリックするとダウンロードできます。(A4両面)


【賛同人大募集!】 この幻燈会の運営を支えて下さる賛同人を募集します。事前にどんぐりの会のメンバーへ、もしくは当日に受付で賛同金をお渡しください(一口500円)。お名前またはイニシャルをブログにて公表いたします。また、幻燈会のポスター(A3)を差し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。
どんぐりの会の口座もあります。(西武信用金庫小平支店 店番号028 普通114238 加入者名:どんぐりの会)

【暗闇を大事にしています】
幻燈にとって暗闇は重要です。前の人が光を発すると途端にうしろの人は見えにくくなります。上演中は五感を澄ませてご覧くださいますよう、お願いいたします。客席が液晶画面だらけになったことがあり、それ以降、客席での撮影はご遠慮いただいております。

【自転車発電】午前11時~午後5時30分 幻燈会に必要な電気を自転車発電で発電します。雑木林で発電を行います。 特に午前中の発電に参加して下さる方募集!脚力自慢の方も子どもたちも、ぜひいらしてください。

【お願い】
○ブルーシートと椅子席を準備します。それ以外は立ち見となります。ご了承ください。
○前方はブルーシート席です。お子さん連れはこちらがおすすめですが、そろそろお尻が冷たい季節。小さな座布団や敷物を重ねてご利用いただくとよいかもしれません。まわりの方と譲り合ってご覧ください。
○防寒や虫の対策をお願いします。
○帰り道はまっくらになります。足下を照らす懐中電灯やランタンなどをお持ちください。上映中は点灯しないよう、ご注意ください。
○お車でのご来場はご遠慮ください。
○ゴミは各自でお持ち帰りください。

【会場のご案内】
会場となる小平中央公園どんぐり林の地図です。どんぐり林は、西武国分寺線鷹の台駅に隣接する小平中央公園にあります。改札を出て右にある地下通路を通って駅の東側に出ると、体育館をめざして進みます。体育館の東側にある林です。

小平中央公園どんぐり林紺


出演者プロフィール

■小林 敏也(こばやし としや)
1947年静岡県焼津市生まれ。1970年東京芸術大学工芸科卒業。イラストレーションとデザインをする。文字と絵、紙と印刷にこだわりながら、青梅に山猫あとりゑを営む。画本宮澤賢治シリーズ15冊(好学社)と、他5冊の賢治本がある。

■入野 智江(いりの ともえ)
劇団横浜ボートシアターで楽士・役者を経験。1994年より南インド・ケーララ州でサンスクリット古典劇「クーリヤッタム」を学び始め、日本で唯一の演者として活躍中。 南インドの打楽器の演奏やワークショップ等も行う。「アビヤナラボ」主宰。バンブーオーケストラ・ジャパンを経て、 2008年東京楽竹団の設立に参加、オリジナル竹楽器による音楽活動を行う。ホームページhttp://abhilabo.web.fc2.com/

■植松 葉子(うえまつ ようこ)
京都市生まれ。国立音楽大学卒業、東京芸術大学邦楽科別科修了。2005年まで江戸里神楽若山社中の囃子方として活動する。現在は横笛演奏者として、打楽器アンサンブル・語り・舞・琵琶など様ざまなジャンルの人々と共演している。東京楽竹団メンバー。双子の女児(2歳)の母。 ホームページhttp://www.yaemon.jp/yoko-fue/

■佐々木 知子(ささき ともこ)
国立音楽大学附属高校を経て同大学の器楽科チェロ専攻を卒業。
卒業後、国立音楽大学のオーケストラ嘱託演奏員を務め、現在はフリーのチェロ奏者としてオーケストラなどで活躍中。
またTVや映画などで活躍の作曲家渡辺雄一氏のCDレコーディングに多数参加。

■鍵本 景子(かぎもと けいこ)
玉川上水と共に小平で育つ。10代よりTVドラマ等に出演。近年は育児をしながら、どんぐりの会やNPO法人こだいら自由遊びの会のメンバーとして、地域活動、朗読をしている。

 

JTP141011_1362

第11回月夜の幻燈会『雪わたり』2014.10.11 撮影:高野丈

 

5月16日(土)は第12回月夜の幻燈会『どんぐりと山猫』へ

遅くなりましたが、第12回月夜の幻燈会『どんぐりと山猫』のご案内です。 林の半分が道路予定地の柵に囲まれてしまったため、会場が大変狭くなっています。ご不便をおかけしますが、どうぞご了承ください。

第12回月夜の幻燈会『どんぐりと山猫』

第12回月夜の幻燈会どんぐりと山猫チラシ_ページ_1

第12回月夜の幻燈会の演目は「どんぐりと山猫」です。この作品は第3回目の秋にも上演しました。春の林にどんぐり?と思われるかもしれませんね。林の中にはまだどんぐりたちがたくさんいて、根っこをはって、芽を出そうとしているのもいますよ。小さな足元の世界をみつめて、探してみてください。

作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江
どんぐり:どんぐりんズほか

とき 5月16日(土)午後7時10分~7時45分(開場6時40分) ※雨天の場合は17日(日)に延期。 ※17日が雨天の場合は同日午後7時30分~8時5分に小川公民館ホールにて開催予定(この場合のみ先着70名)。

ところ 小平市立中央公園 雑木林(小平市津田1の1 市民総合体育館東)

※雨天の場合は17日(日)に延期。
※17日が雨天の場合は同日午後7時30分~8時5分に小川公民館ホールにて開催予定(※この場合のみ先着70名)。
(注:雨天の場合についてのアサココ5月8日号の記載は誤りです。申し訳ありません)

入場無料(投げ銭歓迎)賛同人募集!

【賛同人大募集!】 幻燈会の運営を支えて下さる賛同人を募集します。事前にどんぐりの会のメンバーへ、もしくは当日に受付でお渡しください(賛同金:一口500円)。どんぐりの会の口座もあります。(西武信用金庫小平支店 店番号028 普通114238 加入者名:どんぐりの会)

【自転車発電】午前11時~5時30分 幻燈会に必要な電気を自転車発電で発電します。雑木林で発電を行います。 特に午前中の発電に参加して下さる方募集!脚力自慢の方も子どもたちも、ぜひいらしてください。 ○天候による延期等は当日12時までにブログ(http://dongurinokai.net/)とtwitter(@dongurins)で発表します。

○ブルーシートと椅子席を準備します。それ以外は立ち見となりますので、ご了承ください。 ○シートや椅子をご持参下さっても結構です。
○防寒や虫の対策、行き帰りの灯りの準備をお願いします
○お車でのご来場はご遠慮ください。
○ゴミは各自でお持ち帰りください。

出演者プロフィール

小林 敏也(こばやし としや) 1947年静岡県焼津市生まれ。1970年東京芸術大学工芸科卒業。イラストレーションとデザインをする。文字と絵、紙と印刷にこだわりながら、青梅に山猫あとりゑを営む。画本宮澤賢治シリーズ15冊(好学社)と、他5冊の賢治本がある。かわうそ兄弟商會のサイト(http://www.kawauso.co.jp)と、絵本ナビからも一覧できます。

入野 智江(いりの ともえ) 劇団横浜ボートシアターで楽士・役者を経験。1994年より南インド・ケーララ州でサンスクリット古典劇「クーリヤッタム」を学び始め、日本で唯一の演者として活躍中。 南インドの打楽器の演奏やワークショップ等も行う。「アビヤナラボ」主宰。バンブーオーケストラ・ジャパンを経て、 2008年東京楽竹団の設立に参加、オリジナル竹楽器による音楽活動を行う。ホームページhttp://abhilabo.web.fc2.com/

植松 葉子(うえまつ ようこ) 京都市生まれ。国立音楽大学卒業、東京芸術大学邦楽科別科修了。2005年まで江戸里神楽若山社中の囃子方として活動する。現在は横笛演奏者として、打楽器アンサンブル・語り・舞・琵琶など様ざまなジャンルの人々と共演している。東京楽竹団メンバー。双子の女児(2歳)の母。 ホームページhttp://www.yaemon.jp/yoko-fue/

鍵本 景子(かぎもと けいこ)玉川上水と共に小平で育つ。沢山の方の協力でこの幻燈会が続けられていることに感謝している。今年2月に「フィンランド森の精霊と旅をする」をミュージシャンのおちょこさんの音と共に林で朗読。

第12回月夜の幻燈会どんぐりと山猫チラシ_ページ_2

 第11回 月夜の幻燈会『雪わたり』

雪わたりフライヤー_ページ_1

第11回月夜の幻燈会を10月11日(土)に開催します。今回の演目『雪わたり』は、2010年の第2回の幻燈会で上演した演目です。
幻燈会の中にもうひとつの幻燈会。キツネの幻燈会はあいにく11歳以下しか観られませんが、どんぐり林の幻燈会に年齢制限はありません。どうぞ安心して林へお越し下さい。

日時:10月11日(土)(雨天13日)午後6時〜6時40分(開場5時半)
場所:小平中央公園雑木林
(小平市津田町1-1 市民総合体育館の東側)
※雨天の場合、13日(月祝)同時刻に延期。
※さらに13日も雨天の場合、同日午後7時15分~7時45分(開場7時)に小川公民館ホールにて開催(この場合のみ先着70名限定)。
入場無料 投げ銭大歓迎

作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江

チラシPDFダウンロード

雪わたりフライヤー_ページ_2

10月11日(土)は、昼間も小平中央公園どんぐり林へいらしてください。
○午前11時~午後5時 自転車発電!
幻燈会に必要な電気を自転車発電機で発電します。雑木林で発電を行います。特に午前中に発電に参加してくださる方募集! 脚力自慢の方も子どもたちも、自分で作った電気で幻燈会を見たい方も、ぜひいらしてください。いきものバッジコーナーあります。
○午後2〜3時 玉川上水ライフらいんPROJECTの茶屋&目隠しで林を感じるワーク
※午後4時半〜5時半の間はリハーサルのため、お席には入れません。開場まで並んで待っていただくようになります。ご了承ください。

*はじめて幻燈会にいらっしゃる方へ(クリックしてください)イラスト地図、幻燈会推奨グッズなどをまとめたページです。

○ 天候による延期等は、当日12時までにこのブログ、twitter(@dongurins)で発表します。
○ブルーシートと椅子席を準備します。それ以外は立ち見となりますので、ご了承ください。シートや椅子をご持参くださっても結構です。
○防寒や虫の対策、行き帰りの灯りの準備をお願いします。
○お車でのご来場はご遠慮ください。
○ゴミは各自でお持ち帰りください。

賛同人募集!
第11回月夜の幻燈会の運営を支えて下さる賛同人を募集します。事前にどんぐりの会のメンバーへ、または当日受付で賛同金をお渡しください(一口500円)。幻燈会のポスターを進呈します(先着50名)。
どんぐりの会の口座もあります。(西武信用金庫小平支店 店番号028 普通114238 加入者名:どんぐりの会)

出演者プロフィール
小林敏也(こばやし としや)
1947年静岡県焼津市生まれ。1970年東京芸術大学工芸科卒業。イラストレーションとデザインをする。文字と絵、紙と印刷にこだわりながら、青梅にアナログスタジオ山猫あとりゑを営む。画本宮澤賢治シリーズ15冊(好学社)と、他5冊の賢治本がある。かわうそ兄弟商會のサイト(http://www.kawauso.co.jp)と、絵本ナビからも一覧できます。

鍵本景子(かぎもと けいこ)
小平育ち。10代よりテレビドラマなどに出演。近年は聴く人それぞれの中に自由な世界が広がる朗読者になることを夢見ている。林での幻燈会では大勢の方のご協力で開催できる幸せをかみしめている。

入野智江(いりの ともえ)
劇団横浜ボートシアターで楽士・役者を経験。1994年より南インド・ケーララ州でサンスクリット古典劇「クーリヤッタム」を学び始め、日本で唯一の演者として活躍中。 南インドの打楽器の演奏やワークショップ等も行う。「アビヤナラボ」主宰。バンブーオーケストラ・ジャパンを経て、 2008年東京楽竹団の設立に参加、オリジナル竹楽器による音楽活動を行う。ホームページ http://abhilabo.web.fc2.com/

植松葉子(うえまつ ようこ)
京都市生まれ。国立音楽大学卒業、東京芸術大学邦楽科別科修了。2005年まで江戸里神楽若山社中の囃子方として活動する。現在は横笛演奏者として、打楽器アンサンブル・語り・舞・琵琶など様ざまなジャンルの人々と共演している。東京楽竹団メンバー。
ホームページhttp://www.yaemon.jp/yoko-fue/

主催:どんぐりの会
ブログ:http://dongurinokai.net/
メール:e-mail:josuidonguri@gmail.com

協力:NPO法人こだいら自由遊びの会、ユーエンジニアリング(株)
機材協力:国分寺エクスペリエンス

小平中央公園どんぐり林

9月21日(土)は月夜の幻燈会へ

9月21日(土)に、月夜の幻燈会を開くことになりました。この日はなんと宮澤賢治がなくなって80年目の命日だそうです。

どんぐりの会のメインの活動として続けてきた幻燈会ですが、今回で9回目となります。幻燈会のスクリーンを下げている木々や、客席の小高い広場は都道の予定地に含まれます。多くの人の、林を大事に思う気持ちが集まってはじめて成立しているこの会を今後も続けていきたいと願っています。

『注文の多い料理店』は再演となりますが、林の中でのこの作品は格別です。ぜひ、お誘いあわせて、おでかけください。

第9回幻燈会チラシデータ(※クリックするとダウンロードできます)
※一番下にテキストデータがあります。

第9回幻燈会チラシデータ1第9回幻燈会チラシデータ2

(※画像はクリックすると拡大します)

前回の幻燈会の様子。


第9回 月夜の幻燈会
注文の多い料理店

作・宮澤賢治 画・小林敏也
朗読・鍵本景子 パーカッション・入野智江 岩田豊美
とき 9月21日(土)午後6時半~7時(開場6時)
※雨天の場合、22日(日)同時刻に延長。
※22日が雨天の場合、同日午後7時15分~7時45分(開場7時)に小川公民館ホールにて開催(この場合のみ先着70名限定)。
ところ 小平中央公園 雑木林(小平市津田町1-1 市民総合体育館の東側)
入場無料 投げ銭歓迎!
主催:どんぐりの会
ブログ:http://dongurinokai.net/
e-mail:josuidonguri@gmail.com
協力:NPO法人こだいら自由遊びの会 ユーエンジニアリング(株)
機材協力:国分寺エクスペリエンス

今年の秋の幻燈会が開催できて、本当にうれしいです。今回は、昨年秋に上演し、大好評だった演目「注文の多い料理店」の再演です! さぁ、扉の向こうはどんな世界が広がっているかな? みんなでのぞいてみましょう!

自転車発電にご協力を!
幻燈会に必要な電気は、自転車発電機で発電します。9月21日(土)、ミニプレーパーク開催中の雑木林で、午前11時~午後4時に自転車発電を行います。脚力自慢の方も、子どもたちも、自転車発電に興味がある方も、ぜひいらしてください。
○天候による延期等は、当日12時までに
ブログ http://dongurinokai.net/
twitter(@dongurins)で発表します。

○ブルーシートと椅子席を準備します。それ以外は立ち見となりますので、ご了承ください。シートや椅子をご持参くださっても結構です。
○防寒や虫の対策、灯りの準備をお願いします。
○お車でのご来場はご遠慮ください。
○ゴミは各自でお持ち帰りください。

出演者プロフィール
■小林敏也こばやし としや
1947年静岡県焼津市生まれ。1970年東京芸術大学工芸科卒業。イラストレーションとデザインをする。文字と絵、紙と印刷にこだわりながら、青梅にアナログスタジオ山猫あとりゑを営む。画本宮澤賢治シリーズ15冊(好学社)と、他5冊の賢治本がある。かわうそ兄弟商會のサイト(http://www.kawauso.co.jp)から一覧できます。

■鍵本景子かぎもと けいこ
小平育ち。10代よりテレビドラマなどに出演。近年は聴く人それぞれの中に自由な世界か広がる朗読者になることを夢見ている。林での幻燈会では大勢の方のご協力で開催できる幸せをかみしめている。

■入野智江いりの ともえ
劇団横浜ボートシアターで楽士・役者を経験。1994年より南インド・ケーララ州でサンスクリット古典劇「クーリヤッタム」を学び始め、日本で唯一の演者として活躍中。 南インドの打楽器の演奏やワークショップ等も行う。「アビヤナラボ」主宰。バンブーオーケストラ・ジャパンを経て、 2008年東京楽竹団の設立に参加、オリジナル竹楽器による音楽活動を行う。http://abhilabo.web.fc2.com/

岩田豊美いわた とよみ)
国立音楽大学大学院修了後、打楽器アンサンブルグループ「T.J.P.P.A.L」のメンバーとして全国各地で公演を行う。創作竹楽器のグループ「東京楽竹団」のメンバーとしても活動中。2010年より入野智江ターラのもとで、ミラーヴおよびクーリヤッタムを学ぶ。