タグ別アーカイブ: 観察会

樹木調査観察会に参加して。

野鳥の観察・調査やセミのぬけがら調査でお世話になっている高野丈さんの企画で、9日に林で樹木調査と観察会を行いました。自然観察指導員の方が4人も来てくださり、大変充実した内容でした。

まず、木の観察から始めました。同種の木の見分け方、ヤマザクラとイヌザクラ、イヌシデとアカシデ、サワラとヒノキや、コナラとクヌギを教わったり、いろいろな木を目で見たり、木肌を触ったり、葉っぱを観察したり、匂いをかいだり、葉っぱを食べたりして、五感をフルに活用して林の木を確認しました。1006246_468796819870596_139335335_n

簡単にですが、間違いやすい木の見分け方をご紹介します。
ヤマザクラ 木肌が黒っぽい。
イヌザクラ 木肌が白っぽい。葉がヤマザクラより細長い。
イヌシデ 木肌がはっきりとしたストライプ、葉柄や葉に毛が生えている。
アカシデ 木肌のストライプがぼやけ気味、葉が小さめで、葉先がすっとなっている、葉柄や葉に毛が無い。
サワラ 木穴線(葉の裏にある線)がHにみえる、葉がふさふさした感じ、触ると痛い。
ヒノキ 木穴線がYに見える。葉がうすい感じで、触っても痛くない。「ヒノキだY、H、サワラないで!」と駄洒落のように木穴線の形を覚える。
コナラ 木肌が横から見て片仮名のコの字のようになっており、やわらかい。葉の先が丸い感じ。
クヌギ 木肌が横から見てくの字のようにとがっているので触ると痛い。葉が長い。「コナラのコの字、クヌギのくの字」と覚える。

若い木と中年の木と老年の木と、同じ木でも様子が変わってきます。もちろん、植えられている場所によっても違います。個体差があるので、すぐにこの木はこれだ!と思ってもよく観ると違うことがあり、思い込みはいけないと何度も思いました。

「みんなのどんぐり林マップ」にもありますが、小さなオトシブミたちにも会いました! エゴノキには、エゴツルクビオトシブミとヒメクロオトシブミのゆりかご(落とし文)がいくつもぶら下がっていて、面白かったです。10665_468796823203929_1943901460_n

大きなイヌザクラの根元に、小さなエノキやヤツデやシュロ、アオキが生えていました。イヌザクラの木に止まって鳥が糞をし、糞の中の種から、芽が出る。木があり、鳥が来て、糞をする。生き物と植物のつながりが目に見えるようです。

ヤマザクラの葉の元には蜜腺があり、アリを呼ぶ。アリが木を巡回するので、他の害虫が来ないそうです。また、ヤマコウバシの葉はクスノキのようないい香りがして、防虫効果があるけれど、アオスジアゲハはヤマコウバシが大好きだとか。特定の木と昆虫の関係、共進化のお話も面白くうかがいました。

どんぐり林には、どんぐりの木がたくさんあります。日本には常緑樹と落葉樹のどんぐりの木が混在していて、種類も多く、外国ではそれが大変珍しく、「Oak(樫の木)の大国」と言われるほどだそうです。マテバシイやスダジイのどんぐりはとっても美味しいそうです。

そして、観察会の後は、調査をしました。林を遊歩道から東側をエリアに分けて、地図に一本づつナンバリングして書いていきます。そして、別のシートにその番号の木の名前を記しました。一日では終らず、また後日に調査をすることになりました。地道な作業です。998891_468796826537262_1869780838_n

私は、小さい頃から鷹の台で育っています。中央公園の前身、蚕糸研究所の跡地であった時は、イチョウ並木の間でいろいろな遊びをしていましたが、この林ではあまり遊んでいませんでした。大人になって、自分の子どもと一緒にプレーパークでこの林で遊ぶようになって、そして、様々な観察会に参加して、なんて豊かなところなんだろうとあらためて知ることができました。林があることで、防音、防風、防火、温度調節、水量調節、水質を良くすること、貯水、やヒーリング効果、様々な効果があること、、、。ちむくいたち(ちいさな、むしや、くさや、いきもの)の営みがずっと続いていること、土の中に居る様々ないのちにも思いをはせる一日となりました。失ってから気付くのでは遅いのです。

北の国から渡ってくる 冬鳥を見つけよう

どんぐりの会自然観察会
北の国から渡ってくる冬鳥を見つけよう

秋になると、北の国から、日本で越冬するためにやってくる渡り鳥を「冬鳥」といいます。
そろそろ、ツグミやジョウビタキなどの冬鳥が、小平でも見られる季節です。中央公園の林や玉川上水で、一緒に冬鳥を見つけましょう!
ぜひ、親子でご参加ください。小学4年生以上は1人でもOK!

冬鳥観察会のチラシ(クリックするとダウンロードできます)

とき:2012年11月10日(土)午前9時半〜11時半
☆9時半 小平市民総合体育館入り口前に集合
(小平中央公園周辺で、エリアを決めて、冬鳥調査を行います)

指導・案内:高野丈(井の頭バードリサーチ、NACS-J自然観察指導員)
もちもの:双眼鏡(あれば)、筆記具、帽子
参加費無料、要申込み
雨天決行

申込み10月25日(木)から先着順(定員:大人と子ども合わせて30名)
以下の連絡先へ、お名前、ご住所、電話番号、年齢をお知らせください。
メール:josuidonguri@gmail.com(どんぐりの会)

主催:どんぐりの会 http://dongurinokai.net/

雑木林で生き物環境調査〜雑木林探検隊〜

どんぐりの会主催ではありませんが、どんぐりの会のメンバーが関わって、雑木林で行われる環境調査をご紹介します。生活クラブの地域協議会主催ですが、どなたでも参加できます。

申込みは8月29日まで!(延長してくださいました)


雑木林で生き物環境調査〜雑木林探検隊〜

市内にある雑木林にいる生き物について一緒に調べてみませんか?

生き物マイスターで自然観察指導員の小口治男さんを講師にお迎えして、

いろいろな生き物の名前やどんな生き物が棲息しているかを調べます。

日時:9月3日(土)13:30~15:30(小雨決行)
場所:中央公園の雑木林
(集合:雑木林の丘になっているところ)

参加費無料
託児なし ご一緒にどうぞ!
持ち物:虫除け 虫眼鏡 望遠鏡 飲み物 筆記用具など
(あれば、図鑑 虫取りあみ 捕った虫を入れる観察ケース)
参加申し込み〆切 8月29日(月)
問合せ:042-313-4318 小寺浩子

雑木林で観察会

間近になりましたが、観察会のおしらせです。

みんなでしらべよう! 林の観察会2

中央公園の林には、どんな生きものがいるかな?
土の中でうごめく小さな虫。木々の間から聞こえる鳥の声。大好きな幼虫もいるかな。
みんなで生きもの調査をしてみよう。
図鑑をひっくりかえし、みんなで調べる観察会です。
大人も子どももごいっしょに!

ところ 小平中央公園の体育館東側の雑木林
とき 6月13日(日)午後1時半〜
もちもの あれば、スコップ、虫とり網、虫めがね、図鑑
※雨天中止

第一回の観察会の様子
http://dongurinokai.net/?p=74

※観察会の結果は、7月4日に日本自然保護協会の「生物多様性の道プロジェクト」市民調査全国大会で展示発表する予定です。
http://www.nacsj.or.jp/project/waytob/symposium.html
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

ガサゴソ林の観察会!

どんぐりの会のシッポです。

10月18日(日)に、虫好きグループ「虫研」の協力を得て、中央公園の体育館横の雑木林で観察会をしました。

題して、みんなでしらべよう! 林の観察会

「体育館のそばの林には、どんな生きものがいるかな? 虫めがねやずかんを持ってきて、みんなで生きもの調査をしてみよう。大人も子どももごいっしょに!」と呼びかけた、「自力で調べる」観察会です。鈴木利博さんの講義も楽しかったし、土の中もほっくりかえしてみようと、長机を借りて、顕微鏡と白いビニール(土を広げて見るため)をセットし、奨励学級のおさがりのわりばしと紙コップに、バケツ、トレー、虫めがね付き透明ケース、虫とり網などを持ってきて、準備万端!

最初から土を広げて小さな虫を探す大人に対し、子どもたちは大物さがしにでかけていきました。まもなく、「あー! いたー!」とあちらこちらから声があがり…

「虫 ゾーン」「鳥ゾーン」に分けたピンクと赤の大きな紙を広げ、見つけた鳥や虫の名前と絵をハガキ大の紙に書き込んで、貼りつけていきます。虫めがねや顕微鏡 でよーく観察して、図鑑をひっくり返して名前を調べて…。途中から、蝶々博士のゆきちゃんが登場! 図鑑に載っていない虫たちを、「これは○○の仲間、こ れに近いかな」「○○の仲間ね、ほら、ここを見てごらん」とさばいてくれました。

見つけた虫は…

アオオサムシ この林でははなやかな部類!?

アオオサムシ

アリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫) 子どもたちに大人気!

アリジゴク(ウスバカゲロウ)

蚊 まだ元気でした。

ガのサナギ

カブトムシの幼虫 ごろごろと、カブトムシの団地のようでした。埋め戻してやりました。

コガネムシの幼虫 こちらも大量に…

カマキリ

カマキリ

コオロギ

ゴミムシダマシ 通称ゴミダマ。ずいぶんひどいお名前です。

サシガメ 黒地に赤い斑点がビビッド!

(昆虫はこのあたりまで…)

イッスンムカデ

イッスンムカデ

イッスンムカデ

クモ 黄緑色のクモも。

ダンゴムシ

ベニジムカデ属の一種

マクラギヤスデ 朽ち木の下に二頭じっとしていました。枯れた葉のような、実のような、不思議な生きもの(節の数と後半分の足を省略。ずっと一節から4本の足が出ています)。

マクラギヤスデ

マクラギヤスデ(一部省略)

鳥は、コゲラとヒヨドリでした(声がしました)。

ヒヨドリ

ヒヨドリ

落ち葉が重ねてあるところには、たくさんの虫たちが集まっていました。「ねっ、落ち葉って大事でしょう~♪」とゆきちゃんが一言。あたたかい落ち葉の下で、虫たちは栄養をたっぷりもらって、消化して、それが木の栄養にもなって、循環して……落ち葉ってほんとにゆたかだなあ。

「地味だけど楽しかったね~」というMさんに対し、「この間はもっと地味だったから、今日はなんだかはなやかに感じたよ!」と話しました(奨励学級の時は、主に腐葉土の中にいる虫を観察したので、完全に昆虫以外が中心でした)。秋の林で、たくさんの虫たちに出会えて、大人も子どもも観察とお絵かきに夢中になっ た、楽しい午後でした。