タグ別アーカイブ: 雑木林

338予定地を歩く会へのご参加、ありがとうございました。

2月6日(日)は、総勢37名(8歳から82歳)で、府中から小平市立中央公園の林まで歩きました。ご参加くださった皆様、ありがとうございます。国分寺から3人の方が案内役で力強くサポートして下さり、恋ヶ窪公民館では他の方もいらして、あたたかいお茶を出してくださいました。ありがとうございました!

今回の歩く会では、小平市以外からもたくさんの参加者がいらっしゃいました。これまでの活動で出会った、「国分寺崖線の緑を守り調布3・4・10号線を考える会」、「玉川上水・すぎなみの会」、「井の頭バードリサーチ」の方たちとも、ご一緒に歩くことができました。

2月19日(土)と20日(日)、私たちどんぐりの会は、「女と男の市民活動」の展示(@中央公民館ギャラリー)に参加しますが、20日には、井の頭バードリサーチさん主催で、鷹の台駅(西武国分寺線)から小金井まで歩く玉川上水自然観察会が開催されます。また、玉川上水を人がつながる場としてとらえ、地域と地域、人と人をつなげる活動を続けていらっしゃる玉川上水ライフらいんprojectの2011新年会・交流会も、国分寺市の本多公民館で開かれます。体がいくつもあるといいのに、と思ってしまいます。詳細は各リンクをご覧いただき、ぜひ、ご参加ください。

今回歩いてみると、昨年よりもさらに国分寺部分の買収が進み、街の風景がすっかりかわっていました。そんな中、終の住処として選んだ場所に住み続け、行政と戦っている方の気持ちを想像すると、胸が痛くなりました。

最後に、小平の雑木林では、「二匹のくま」さんのリコーダー演奏の後、リコーダーの伴奏で、「早春賦」やわらべうた「そとへでよう」、「君をのせて」(映画「天空の城ラピュタ」より)をご参加の方々と唄いました。「二匹のくま」さん、長い間、林で待っていてくれてありがとうございました。そして小平部分をご案内下さったⅠさんも、体調不良なのにご参加ありがとうございました!

また、あらためて歩く会のご報告をしたいと思っています。


キックキックトントン、キックキックトントン 『雪わたり』

今週末に横須賀の高校で『雪わたり』を上演します(*こちらは一般入場不可)。画はもちろん小林敏也さんです。音楽は昨年と同じ篠笛・能管 植松葉子さん、打楽器 入野智江さんと『オッベルと象』の打楽器奏者原田直子さんです。プロジェクター操作は、昨年5月の『雪わたり』の時にもお願いした、Nさんです。今回は狐の女の子はスライドになるので、いつもお世話になっているYさんに新たにスライドを作りなおしてもらいました。

雪の降るこの時期、東京ではなかなか雪は見られないけれど、日本海側は今年は凄いことになっていますね。子どものころはここいらもよく雪が降っていました。まだ小平市立中央公園が蚕研究所だったころ、といってももう建物は廃墟になっていて、ブラックエンペラーと横文字のスプレー書きがあってちょっと怪しい感じでした。公園として整備される前は、木もありましたが、だだっ広い原っぱだったような気がします。銀杏並木はその頃からあり、秋には黄金色に輝いていました。

西武線の線路との間に金網があって、その手前がちょっと斜めに土手のようになっていて、雪が降った日には、その土手にバッタリ倒れ込み、人型を作って遊びました。まだみんなが雪の後に原っぱに出ていなくて、自分の足跡が真っ白な世界にしっかりつくのを楽しみました。幼い日の思い出です。

 

キックキックトントン、キックキックトントン、キックキックキックキックトントントン。

(K)

2月6日(日)は338予定地を歩く会へ

2月6日(日)の歩く会が迫ってきました。

昨年の会に参加できなかった方、一度歩いて見てみたいという方、昨年歩かれた方も、ぜひお気軽にご参加ください。

ご都合や体調で最初から最後までは歩けないけれど、途中からなら参加できるという方、よろしければ、前もって以下のアドレスへご連絡ください。当日の連絡先をおしらせいたします。email:josuidonguri@gmail.com

みなさまのご参加をお待ちしております。

*以下に添付のチラシは市内の各公民館に置いてあります。 (N)

どんぐり通信5号できました!

ひさびさの「どんぐり通信」5号ができました! これから、小平市内の公民館などに配布予定です。(ピンク色の3つ折りの通信です)

今回のメインは、都道小平3・3・8号線計画を考える会が行った「林のアンケート」。昨年10月から小平中央公園東側の雑木林を訪れる人たちにお願いしているものです。質問項目のうち、「この林はあなたのくらしの中でどのような存在ですか?」「都道小平3・3・8号線計画についてどう思いますか?」の二つの質問への回答から抜粋して紹介しました。

年齢も性別もさまざまな人たちが、自分の生活の中で林をどんなふうに感じているかを語る言葉は、どれも実感がこもった、力のある言葉でした。統計的に意味のあるアンケートよりも、記述式にしたい、ひとりひとりの具体的な気持ちが知りたいと思って作ったアンケートですが、考えていたよりもずっと、林を行き交う人たちの姿がいきいきと鮮明に見えてきました。私たちにとって、ほんとうに、大事な林です。

このアンケートについては、今後も都道小平3・3・8号線計画を考える会のブログで報告します。また、ひきつづきアンケートを行っております。どうぞお問合せください。338kangaerukai@gmail.com

*「どんぐり通信」5号の表と裏の画像を添付します。三つ折りのレイアウトになっています。(N)

どんぐり通信5号表


雑木林、玉川上水でアートワークショップ!

1月中、中央公園東側の雑木林や玉川上水周辺で行われる、子ども・家族向けのアートワークショップがおもしろそうです。

こちらは武蔵野美術大学の太田エマさんの企画。玉川上水ライフらいんprojectのメンバーで、玉川上水に関わっている団体・個人のインタビューをまとめた映像作品を1月20日〜23日に武蔵美で発表されるとのことで、どんぐりの会として年末にインタビューを受けました。

12月25日の雑木林でのワークショップでは、大人と子どもといっしょに落ち葉アニメーションを作ったそうですよ(*こちらのウェブサイトにアニメーションあり)。落ち葉がまるで生きものみたいで、楽しそう。寒い日々ですが、子どもといっしょに、ちょっとでかけてみませんか?