タグ別アーカイブ: どんぐりの会

第17回月夜の幻燈会『猫の事務所』は 10月14日(土)開催です

第17回月夜の幻燈会『猫の事務所』

10月14日(土)午後6時半〜7時10分(開場6時)
小平中央公園どんぐり林(体育館東の林)

作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江

入場無料 雨天順延

第17回幻燈会フライヤー表 第17回幻燈会フライヤー裏

第17回月夜の幻燈会
猫の事務所
 
作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江
 
10月14日(土)18:30-19:10(開場18:00)
小平中央公園 雑木林
(小平市津田町1の1 市民総合体育館の東側)
※天候や地面の状態によっては15日(日)同時刻に延期します。ブログやTwitterをご確認ください。
※15日も雨天の場合は同日19:15〜19:55(開場19:00)に小川公民館ホール(小平市小川町1丁目1012)にて開催します。
 
【出演者プロフィール】
●小林敏也(こばやし・としや)
1947年静岡県焼津市生まれ。1970年東京芸術大学工芸科卒業。イラストレーションとデザインをする。文字と絵、紙と印刷にこだわりながら、青梅に山猫あとりゑを営む。画本宮澤賢治シリーズ16冊(好学社)と、他5冊の賢治本がある。シリーズ16冊目『ざしき童子のはなし』が刊行されました。
 
●鍵本景子(かぎもと・けいこ)
玉川上水とともに小平で育つ。
NHK朝の連続テレビ小説「ひらり」「さくら」などに出演。
今秋11月23日、まがりかど第5回演奏会「なめとこ山の熊」(原作・宮澤賢治、作曲・萩京子、演出・大石哲史)に出演予定。
 
●植松葉子(うえまつ ・ようこ)
京都市生まれ。国立音楽大学卒業、東京芸術大学邦楽科別科修了。2005年まで江戸里神楽若山社中の囃子方として活動する。現在は横笛演奏者として様ざまなジャンルの人々と共演している。東京楽竹団メンバー。双子の女児(4歳)の母。
ホームページ http://www.yaemon.jp/yoko-fue/
 
●入野智江(いりの・ともえ)
劇団横浜ボートシアター、バンブーオーケストラ・ジャパンでの活動などを経て、2008年東京楽竹団の設立に参加、現在メンバーとして竹楽器を使った音楽活動を行う。1994年より南インド・ケーララ州をたびたび訪れ、サンスクリット古典劇「クーリヤッタム」の研鑽に励む。日本で唯一の演者として活躍中。南インドの打楽器の演奏も行う。「アビヤナラボ」主宰。
JML音楽研究所、南インド芸能クラス講師。
ホームページ http://abhinayalabo.strikingly.com/
 
【賛同人募集!】
幻燈会の運営を支えて下さる賛同人を募集します。事前にどんぐりの会のメンバーへ、もしくは当日に受付で賛同金をお渡しください(一口1,000円)。お名前またはイニシャルをブログにて発表いたします。どんぐりの会の口座もあります(ゆうちょ銀行から 10150−92857561 他金融機関から 店番号018 口座番号9285756)。
 
○天候による延期等は当日12時までにブログhttp://dongurinokai.net/、twitter(@dongurins)で発表します。
○ブルーシートと椅子席を準備します。それ以外は立ち見となりますので、ご了承ください。
○シートや椅子をご持参下さっても結構です。
○客席での写真撮影はご遠慮ください。終演後に撮影時間をもうけます。動画の撮影はご遠慮ください。
○防寒対策、行き帰りの灯りの準備をお願いします。
○どんぐりが降ってくる場合があります。
○お車でのご来場はご遠慮ください。
○客席には開場時間まで入れません。
 
【11:00-17:00 自転車発電!】
幻燈会に必要な電気を自転車発電で発電します。どんぐり林で発電を行います。特に午前中の発電に参加して下さる方募集!脚力自慢の方も子どもたちも、ぜひいらしてください。
 
主催:どんぐりの会 http://dongurinokai.net/
問合せ: e-mail : josuidonguri@gmail.com
協力:NPO法人こだいら自由遊びの会、ユーエンジニアリング(株)
機材協力:国分寺エクスペリエンス
JTP170520_0137

第16回 月夜の幻燈会『かしわばやしの夜』2017.5.20

第16回 月夜の幻燈会『かしわばやしの夜』2017.5.20

作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江

kasiwabayasi20170520-1

(写真の撮影:高野丈 ※写真はクリックすると拡大します。)

いきものバッジ、40種類に!

村尾かずこさんと松岡由香さんの2月11日(木)〜16日(火)開催の展示「生まれる左官展」に合わせて、いきものバッジの新作を作りました。

冬鳥のルリビタキジョウビタキ、玉川上水沿いで営巣を確認したツミの3種類です。別色バージョンも少しだけ用意しています。

DSC_5202

「いきものバッジ」のページで紹介していますが、いきものバッジは小平中央公園のどんぐり林にいるいきもののイラストで作ったバッジで、活動資金カンパのお礼にさしあげています。いきものバッジの種類が、今回40種類に増えました!

DSC_5248

バッジ屋さんの印刷用紙変更のため、以前と色が異なるバッジもあります。「生まれる左官展」ご来場の際は、2階奥の「鷹の台どんぐりコロコロ情報センター&ショップ」を、ぜひのぞいてみてくださいね!

街の協力。

6月初めに東鷹の橋付近の看板を撤去して下さいと、都の下請け水道サービス会社から言われ、やむなく、看板を下ろしました。その後もカフェ・シントンさんの横のスペースにチラシや署名用紙を置かせて頂いていましたが、この頃、吸い殻のゴミがそのスペースの辺りによく落ちていることがあり、木造のお店に何かあっても困るので、今日いっぱいでそのコーナーも下げることになりました。カフェ・シントンさん長い間ご協力下さって本当にありがとうございました!

以前カフェ・シントンのそばの貸店舗のシャッターにもいろいろ貼らせて頂きましたが、その店舗も今ではカレー屋さんになり、月日が経つのを感じます。街の皆さんのご協力があってこの運動は続いています。ありがとうございます!

昨日小平3・2・8号線の事業認可が下り、都は9月上旬にも土地の買収などの補償について説明会を開き、2020年までに道路を整備する方針。この事業は「2020年の東京」ヘのアクションプログラム2013事業の一環だそうです。理解に苦しみます。

林の夏はプレーパークもセミの抜け殻調査やコンサートもあります、9月にはまた幻燈会ができそうです。まだできること、楽しんでできることしていきたいです。みなさんどうぞ引き続きご協力をお願いします。

DSC_7659

おかしなことはおかしいと言う。請願署名開始!

また署名?と言われてしまうかもしれませんが、9月の市議会で『住民投票の開票と開票結果の公表について』審議して欲しいということで、反映させる会が、あらたに市議会への請願のために署名運動をはじめました。

8月末で住民投票から90日たちます。90日たった投票用紙は「しかるべく処理をする」とのこと。投票に参加した、51,010人の意思はどこに行ってしまうのでしょう?

「おかしなことにはおかしい!」素直な気持ちを表現し続けることは大切だと思います。市民が力を合わせて働きかけ、市議会でも可決され、血税3000万円をかけて都内初の住民投票までこぎつけたのに、後付け条件で(後だしジャンケン)50%の投票率に満たなかったからと、開票されない、、、、。トラウマになって、ますます政治不信になってしまったという声も聞きます。小平市が市民と共にまちづくりをしようとするなら、情報公開は信頼関係の大切な基礎ではないでしょうか。

無理のない範囲で、できることがあれば、どうぞ再びご協力をお願いします!

「小平で住民投票!」のブログに街頭署名のスケジュールがあります。そして署名用紙がこちらからダウンロードできます。(問合せはjumintohyo@gmail.comへ)

第一次締め切りが8月16日(金)です。署名用紙に書いてある請願者の住所まで用紙をお送り下さい。街頭署名の場所に届けてくださっても結構です。

また、鷹の台駅の南側の線路沿いにあるカフェ・シントン(玉川上水そば)の南側壁面にも署名用紙をご用意しています。どうぞお近くの方はご利用ください!

yamanashi3