玉川上水の調査を求める署名のこと

どんぐりの会が賛同団体になっている玉川上水の署名について、先日の月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』終演後にお話しした内容を投稿します(一部加筆修正しました)。


月夜の幻燈会では、静かな雰囲気の中で幻燈会を始めたいということで、開演前の署名活動はお断りしてきました。ところが、今回の幻燈会では、入口にのぼりを立てて小さな署名コーナーを設置しました(市に署名活動の許可は取りました)。

玉川上水の調査を求める署名活動が始まっています。どんぐりの会も署名の賛同団体になっています。 幻燈会会場のすぐそばに柵がありますが、ここに36メートル幅の、小平で一番大きな道路が通る計画です。道路が通ると幻燈会はできなくなります。

この林は玉川上水とつながったような林です。玉川上水は、山と都心をつなぐ水と緑の一本の道になっています。市民が調べてみると、思ったよりもずっと多くの生き物が住んでいる場所だということがわかってきました。そこで「ちょっと調べてみてよ、ここはいい場所なんだよ」という署名活動を始めました。

いきもののことを調べてきた研究者の方たちや、作家の方などがたくさん賛同人になってくださっています。賛同人のメッセージには玉川上水のことが「東京にある数少ないオアシスのような場」「首都の森に生命を注ぐ、まさに唯一無二の大動脈」「大都会東京の生き物たちの逃げ場所になっています」などと書かれています。

玉川上水の中でもいきものが一番たくさんいる場所の一つが小平のあたりです。史跡の玉川上水の法面もよく残っている小平市の玉川上水ですが、そこに36m幅の道路が通ることでどうなってしまうのか。

玉川上水はこのまま放っておくと、60年以上前に作られた計画でどんどん分断されていきます。一番いい場所の一つが道路になるという時に、何か声をあげたい、子どもたちに何もしなかったと言われたくないという女性たちの声を聞いて、私も何か意思表示をしたいと思いました。何回も何回も何時間も会議を重ねて署名の文章を作りました。

皆さんに署名を広げていっていただきたいと思っています。この道路の建設の前に調査をしてほしい、都知事に来てみてほしいという署名内容です。とてもたくさんの署名が集まらないと何の意味もないかもしれないけれど、多くの人たちがすでに一緒に署名を集めてくださっています。玉川上水や林のいきものも味方して、大きな動きになりそうな気配を感じています。

幻燈会を続けていくためにもぜひお力をお貸しください。 (第26回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』終演後の挨拶を一部加筆修正しました) 署名の案内を掲載したちむくいのページはこちらです。
https://t-ramsar.jimdofree.com/%EF%BD%88%EF%BD%8F%EF%BD%8D%EF%BD%85/%E7%BD%B2%E5%90%8D/

第26回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』にご来場ありがとうございました

雨が続くなか、6月1日(土)第26回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』無事に開催することができました。

ご来場のみなさま、スタッフのみなさま、お心を寄せてくださったみなさま、ありがとうございました。

今回は開演時間を間違えてしまい、皆さんをお待たせして申し訳ありませんでした。日が暮れていくなかでの幻燈会となりました。ご感想など、お寄せいただけると大変うれしいです。

この林ならではの月夜の幻燈会を秋にもまた開催できますように。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

今回は、加藤嘉六さんが撮影してくださいました。

第26回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』は、賛同金と投げ銭で運営しています。賛同人のみなさんのお名前はこちらで公開しています。

本日幻燈会あります!

良いお天気になりました。6時から少しお天気が心配との情報もありますが、準備は進んでいます。どうぞ林へお越しくださいませ。お待ちしていますね。

5月12日(日)こだいら環境グリーンフェスティバル2024 に参加します。

緑が美しい季節になりました。今年のグリーンフェスティバルは環境フェスティバルと一体になって「こだいら環境グリーンフェスティバル2024」となり開催されます。

どんぐりの会はメンバーが環境フェスにも参加している団体に所属している都合で、環境ゾーン(グラウンドの野球のホームベースあたり)に出展しています。美味しいクッキーやいきものバッチの販売、そしてフリマ的なコーナーも設けています。どうぞひやかしにいらして下さい。

6月1日(土)第26回月夜の幻燈会『セロ弾きのゴーシュ』のチラシも配布しています!

10時から15時まで開催です。

小平市のHPに詳細があります。