タグ別アーカイブ: 玉川上水

2018セミのぬけがら調査と羽化のかんさつ会

8月5日は最高気温が35度を超えたため、セミのぬけがら調査を中止しました(調査はスタッフのみで行いました)。18日も同様に対応します。

どんぐり林の
セミのぬけがら調査と羽化のかんさつ会

セミのぬけがらを集めて、種類をしらべます。
夏休みの自由研究にも!

第1回  8月5日(日)午後2時半〜 ぬけがら調査
            午後6時半〜 羽化のかんさつ会
          ※小学生は大人と一緒にご参加ください。
第2回  8月18日(土)午前9時半〜 ぬけがら調査

ところ 小平中央公園 どんぐり林(体育館の東側の林)
参加費100円(保険料込み)。高校生以下無料

☆申込みをお願いします!(先着30名)※いずれかの日のみの参加もOKです。
参加者の「①お名前、②電話番号かメールアドレス、③お子さんの場合は年齢」をメールでおしらせください。
メール:josuidonguri@gmail.com

〈もちもの〉ルーペ(あれば)。そのほか、虫よけ、のみもの、筆記用具など必要なもの

主催:どんぐりの会 http://dongurinokai.net

クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。小学校2年生までの漢字をつかった案内です。

5/5夏鳥調査+観察会報告

5月5日の夏鳥調査+観察会は、どんぐり林で福島の子どもたちを迎える企画が開催中のため、朝8時からといつもより早いスタートとなりました。最初に調査を行ったどんぐり林で夏鳥のキビタキが相次いで2羽見つかり、みんなでじっくり観察することができました。玉川上水沿いでは、センダイムシクイのよくとおる声に耳を澄ませ、このあたりの緑が渡り鳥の中継地だということをあらためて感じました。

会の終了後も、おしゃべりなヤマガラが目の前にやってきてあちこち飛び回ったり、アオゲラが細かい木くずを飛ばしてドラミングしながら移動したりと、観察会が続きました。鳥をゆっくり観察する機会に恵まれた日でした。新堀用水のそばの葉の上では、ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウ、アカシジミが休んでいました。 観察した鳥の種類は以下のとおりです。 留鳥:アオゲラ オオタカ カルガモ キジバト コゲラ シジュウカラ ハシブトガラス ヒヨドリ ムクドリ ヤマガラ 夏鳥:キビタキ センダイムシクイ ツバメ どんぐりの会のメンバーは調査と観察会とに分かれたため、それぞれからの報告をまとめてみます。()内は観察した地点を示します。

(どんぐり林)
・枝の上にいるキビタキ2羽の様子をじっくり観察することができました。美しいさえずりは聞くことができず、残念。
・オオタカが頭上を飛んで行きました。
(玉川上水沿い)
・樹上からセンダイムシクイのよくとおる声のさえずりが聞こえ、みんなで耳をすましました。姿は見ることができませんでした。
・ツバメ1、2羽が上空に葉陰から見えました。指導員さんが絵本を開いてツバメとアカコシツバメの話をしてくれました。(この辺りの)ツバメが前は3羽だったのが、7羽に増えていて、それは更地が増えて住みやすくなっているからという皮肉な結果(=緑地は減っているということだから)だとも。
(津田塾の西側・府中街道沿いの調査地点)
・走行する車の音で、鳥の鳴き声が聞こえなくなり、どんぐり林のこれからが本当に不安になりました。
(津田塾の南側)
・キジバトがウグイスカグラの細い枝でバランスを崩しながら、一心不乱に実を食べていました。
・エゴツルクビオトシブミの揺籃がいくつもぶら下がっていました。成虫も一匹葉の上で確認。
・子どもたちがカナヘビを捕まえまくっていました。
・シジュウカラの幼鳥を観察できました。
(観察会後)
・アオゲラの鳴き声がして姿を確認し、ドラミングをするようすをしばらく観察できました。細かい木くずが落ちてきた。
・ヤマガラが近くまでやってきて、あちこち飛び回りながら、ずっとグジュグジュおしゃべりしていました。
(そのほか)
・観察された鳥の名前を聞いて、野鳥図鑑で調べている子がいました。青葉で観察する鳥をみつけにくかったけど、みせてもらってよくわかりました。小さな指で目次を指しながら探すことができるなんて、すごいなあ、と思いました。
・ムクドリは夕方からのイメージが強く、朝から飛び回る姿にちょっと意外性を感じました。 ・ヒヨドリも心なしか甘いさえずりに聞こえて、指導員さんに尋ねると求愛の時期だから甘いさえずりになるのかも、と聞いてヒヨドリが可愛いく思えました。

写真は、高野丈さん、篠崎晃一さん、リー智子さん、溝口もとさんにご提供いただきました。

5/5はどんぐり林の夏鳥調査と観察会

【どんぐり林の夏鳥調査と観察会】

5月5日(土)8:00-10:00
8:00 小平中央公園体育館入口(東側のベンチのあるところ)集合
参加費100円(保険料込み)。小中高無料。
参加する方は申込みをお願いします。
もちもの:双眼鏡(あれば)、筆記具、帽子
小雨決行。

小平中央公園に隣接する「どんぐり林」は、この時期、夏鳥が季節移動の途中で立ち寄ってひとやすみする中継地になります。

小平中央公園と玉川上水周辺の5つの調査定点で自然観察指導員さんといっしょに鳥類調査を行います。初心者向けの観察会もあります。 大人も子どももお気軽にご参加ください!

【申込み・問合せ】
メール:josuidonguri@gmail.com

※双眼鏡貸出希望の方はお早めに申込みしてください。台数に限りがあります。
※当日の飛び入り参加もOK(※双眼鏡の貸し出しはできません)
2018夏鳥調査チラシ

2/11冬鳥調査と観察会

DVu0nqKV4AAGkVv 2月11日の冬鳥調査+観察会の日は、雨だと言われていたのがうそのように、気持ちよく晴れました。高野さん、大出水さん、成瀬さん3人の自然観察指導員の方たちに来ていただき、いつもの5定点でのスポットセンサス調査と観察会を実施しました。参加者が多く、なごやかな雰囲気でした。冬鳥は少なかったのですが、どんぐり林でツグミ、モズ、ジョウビタキをみんなでじっくり観察できました。

どんぐりの会のスタッフは調査と観察会とに分かれたため、それぞれからの報告を聞いて、パッチワークのようにまとめてみます。

・「最初の観測地点(西武線沿いの小高い丘)から林へ移動する途中、玉川上水でアオサギがカラスを追いかけている姿(途中からはカラスが追いかける側に)を見かけ、その場にいた人たちからおーーという声があがりました。アオサギが羽を広げるとあんなに大きいんだとちょっとびっくり。空を飛ぶところも多分、初めてみたかも」「飛んでいる姿がとても印象的でした」。カラスの縄張りにアオサギが入ってきて、追いかけっこになっていたそうです。

・「福寿草が、小高い丘を下る坂の途中の、手すりの側の樹の根元に、きっぱりと咲いていました。まるで『今日咲く事にしたのよ』と決心したかのように見えました」
(※残念ながら、これは園芸種でしょうね、とのことでした)

・「どんぐりがはじけて新芽が見えているものもたくさん見ました(小高い丘の植え込みの根元)。うわー、この時期にもうはじけるんだあと感動。最初は何か違う植物かと思ったほど、鮮やかな新緑とオレンジの混じった新芽でした」。

・ 「地面に降りて地面をつついているシジュウカラに何度も出くわしました。今季シジュウカラが地面に降りている姿をよく見かけるけれど、これは珍しいことで、エサが少ないせいじゃないかとのこと(昨年5月〜6月に寒い時期があったので、その時に虫が死んだのかもしれない)」。

・「どんぐり林東側から縁にかけて、ツグミがずっと地面を一羽で歩き回っていました。道路予定地の柵内にはジョウビタキとモズが一羽ずついて、しばらくの間そのようすを観察できました。ジョウビタキとモズは両方ともシッポを振るけれど振り方が違うのだと聞いて、そのようすを比較できたのもおもしろかったです。モズが現れるたび、シジュウカラが警戒の声を出していました」。

・「クチバシの上が出っ張っていて姿はハシブトガラスなのに、声がハシボソガラスのように濁っていたケースがありました。ハシブトガラスとハシボソガラスは鳴き声だけでは間違うことがあるそうです」。

・玉川上水の遊歩道(津田塾大学の南側)でシジュウカラ、エナガ、コゲラの小さな混群に遭遇しました。「シジュウカラは1月からさえずり始め、カラ類・エナガ・コゲラの混群がこの時期見られる。冬は餌が少なく、敵にも見つかりやすいので、集団で餌を探し、敵を早く発見して身を守る」とのこと。この季節、玉川上水沿いで小さな声の群れが空から降ってくると、思わず足を止めて、枝の上でくるくる動く小さな鳥たちを観察してしまいます

・調査終了後にウグイスの地鳴きも聞こえました。

そのほか感想
・ 小さな観察者たち(こどもたち)が頼もしいですね。いきいきと鳥や身の回りのいきものに興味をもつ姿は、キラキラしていて嬉しいです。この子たちが毎回参加してどんな風にいきもの博士になっていくのかなという楽しみも心密かに思っています。
・津田塾の道路横の林で耳を澄ますと、車がビュンビュン通る音が大きく聞こえました。「林に道路ができたらこうなるシュミレーションだね」と言われて、そのことをよりリアルに身体で感じ、居たたまれない気持ちになってしまいました。
・ 普通の自然のありがたみを感じる一日でした。
・ モズがけんかっぱやいという話になり、個体じゃなくて鳥の種類で性格が違うのは面白いねと話しました。

観察した鳥
冬鳥
ジョウビタキ、ツグミ、モズ

留鳥
エナガ、カワセミ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、モズ、ヤマガラ
※ヤマガラは冬鳥とされてきましたが、最近はこのあたりでは一年中いるので留鳥になっているとのこと。

DVuznQEU8AAjMky

IMG_2531

IMG_2535-2

DVu9lO-VMAEtLQ6

今回の調査結果のページへ
鳥類調査のページへ