タグ別アーカイブ: 小平市央公園

第12回月夜の幻燈会『どんぐりと山猫』

第12回月夜の幻燈会『どんぐりと山猫』2015.5.16

作:宮澤賢治
画:小林敏也
朗読:鍵本景子
笛:植松葉子
パーカッション:入野智江

第12回月夜の幻燈会どんぐりと山猫チラシ_ページ_1

(※写真はクリックすると大きくなります。撮影:高野丈)

どんぐり林のバッグをどんぐり林でつくろう!

donguribayashibagどんぐり林で、どんぐり林のバッグを作ります。
誰でも、すごいのが作れます。
お気軽にご参加ください。

日時:11月8日(土)午前10時〜12時
☆午前10時に小平中央公園体育館前集合
場所:小平中央公園どんぐり林(体育館の東側)

案内人:石渡希和子さん
もちもの:絵筆、防寒着
参加費:300円
バッグは1−3のいずれかを選べます。
1:Sサイズ(横30cm×縦20cm×マチ10cm)を共同購入 材料費:300円
2:Mサイズ(横36cm×縦37cm×マチ11cm)を共同購入 材料費:300円
3:無地のバッグを自分で持参する。

☆要申込み。先着15名、10月末日〆切。
e-mail:josuidonguri@gmail.com

d61h2MdC

終了後はお弁当を持ってきて、林でみんなで食べてもいいですね〜♪

hayashibag

※写真のバッグはSサイズよりひとまわり大きいものです。

 

街の協力。

6月初めに東鷹の橋付近の看板を撤去して下さいと、都の下請け水道サービス会社から言われ、やむなく、看板を下ろしました。その後もカフェ・シントンさんの横のスペースにチラシや署名用紙を置かせて頂いていましたが、この頃、吸い殻のゴミがそのスペースの辺りによく落ちていることがあり、木造のお店に何かあっても困るので、今日いっぱいでそのコーナーも下げることになりました。カフェ・シントンさん長い間ご協力下さって本当にありがとうございました!

以前カフェ・シントンのそばの貸店舗のシャッターにもいろいろ貼らせて頂きましたが、その店舗も今ではカレー屋さんになり、月日が経つのを感じます。街の皆さんのご協力があってこの運動は続いています。ありがとうございます!

昨日小平3・2・8号線の事業認可が下り、都は9月上旬にも土地の買収などの補償について説明会を開き、2020年までに道路を整備する方針。この事業は「2020年の東京」ヘのアクションプログラム2013事業の一環だそうです。理解に苦しみます。

林の夏はプレーパークもセミの抜け殻調査やコンサートもあります、9月にはまた幻燈会ができそうです。まだできること、楽しんでできることしていきたいです。みなさんどうぞ引き続きご協力をお願いします。

DSC_7659

住民投票は5月26日(日)です!

昨日住民投票条例が公布・施行されました。みなさん5月26日はお誘い合わせのうえ投票所へ足をお運びくださいませ!

昨夜はTBSラジオに國分功一郎さんが出演し「小平は凄い!都内初の住民投票が実現!」とお話しされ、今朝の東京新聞1面には、都道計画「意思示さないと後悔」「意見聞く会」名ばかり、東京・小平発政治に声を、と見出しがあり反映さえる会の水口さんのインタビューや、空撮された緑豊かな鷹の台の写真にわかりやすく、都道計画区間が表示されています。今日の記事が上なので、下の記事も楽しみです!写真入りの記事は住民投票のブログでご覧ください。

また昨日の國分さんのラジオや東京新聞の記事を受けて、大竹まことさんが文化放送のラジオ(このポッドキャストで28分頃から聞けます。)で今日、小平のことを取り上げてます。

幻燈会、5月に開催します!

5/4の日没後、中央公園の雑木林で、宮澤賢治作小林敏也画の「やまなし」を上演することにしました。

ゴールデンウィーク中、小平市に福島から子どもたちを招く計画があり、どんぐりの会の月夜の幻燈会もその二日目の企画になっています。昼間はプレーパークも開かれます。どうぞお出かけください。(雨天順延の予定です)

今回は、昨年5月に公民館で上演した「やまなし」を再度やりたいと思っています。あの時期には、屋根のある閉じられた空間での上演が安心感がありましたし、いつもはやれないスライド映写機での上映もやれました。でも、篠笛が月を思わせても空に月はなく、風を感じさせても音が風に乗っていかない物足りなさを感じたことも事実です。小林敏也さんの『やまなし』は、なんといっても絵が美しいのです。春の林でもう一度やってみたいと思い、再演を決めました。